Microsoft MVP への道

マイクロソフトMVPを取得する気はありますか?

最終更新日:2007/12/22

【目次】 次へ


「マイクロソフトMVPを取得する気はありますか?」

ある人からメールでそんなお誘いを受けたのは、2007年3月16日のことでした。
それから 9ヶ月が経った 12月17日、私は会社であるメールを見ていました。

さて、この度、 マイクロソフト MVP アワード審査の結果
野間様を Windows - Shell/Userの
カテゴリで 2008 年 1 月に MVPアワード を授与させていただく事が決定いたしまし
たのでお知らせいたします。

マイクロソフト MVP アワードの受賞、誠におめでとうございます。

その日、仕事は定時で終わっていました。
なぜかすぐに帰ろうという気にならず、ネットで調べ物をしていました。
メールを受信、タイトルは「【MVP 審査】 マイクロソフト MVP アワード審査結果のお知らせ」。
すぐに開き、一瞬固まりましたが、その直後に自分でも顔が緩んでいることがわかりました。
もしかしたら、笑っていたかもしれません。

調べ物はやめて、帰る支度を始めました。
早く報告をしたかったんです、私にこの喜びを感じるきっかけを作ってくれた恩人に。

帰宅して、深呼吸してから電話をかけました。
長い呼び出し音のあと、留守電に切り替わってしまったので、いったんきりました。
でも、すぐに折り返しかかってきました。
「おめでとうかな?」

その人は MVP再受賞の通知を受け取っていて、ちょうど忘年会で祝杯をあげていたそうです。
お礼と感謝の気持ちを伝えると、一緒にシアトルに行こうと誘ってくれました。
シアトルは Global Summit の開催地、Microsoft本社のある場所です。
1年前に聞かせてもらった土産話の舞台に、私も招待される権利を得たことに心が躍っていました。


【目次】 次へ