Microsoft MVP への道

Microsoft MVP に応募する

最終更新日:2007/12/30

【目次】 前へ 次へ


ホームページの審査応募フォームには、文字数の制限があります。
私は広く浅く活動をしているので、いろいろな項目を書きたいのですが、
書きすぎると文字数の制限を超えてしまうため、
簡潔に多くの項目を並べるのに苦労しました。

9月末、ついに応募フォームから Microsoft MVP に応募をしました。
その時点ではまったく知らなかったのですが、
10月に入ってから審査に関するご案内のメールが届き、
自分の活動内容を資料にまとめて提出することを求められました。

特に意識したのは、数値と具体例をあげることです。
人を説得するためにそれらの効力が大きいことは、
いろいろなビジネス書でも述べられていました。
たいしたことのない実績を、たいしたことがあるように見せるため、
ビジネス書を見返しながら資料を作りました。
MVP を受賞している自分の姿をイメージしながら。


【目次】 前へ 次へ