Microsoft MVP への道

「パソコンFAQ」が目指すもの

最終更新日:2008/1/3

【目次】 前へ 次へ


11月末に、「中小企業のための賢いホームページ活用術」というセミナーに参加しました。
一番印象に残っているのは、書籍などの通信販売をしている Amazon というサイトにおける
「ロングテールの法則」の話です。書店と異なり、ベストセラーのような売れ筋の書籍ではなく、
売れていない書籍の販売数や売り上げ比率が大きいといった趣旨の話です。

注)
ただし、ネット上で「Amazon ロングテール」をキーワードに検索すればわかりますが、
これに対しては懐疑的な意見や、そのビジネスモデルが確立するまでには
時間がかかったという記事も見つかります。

多くの FAQ サイトがある中で、後発の「パソコンFAQ」の知名度を高めるために、
私も「ロングテールの法則」は意識しました。
よそと同じ記事を書いても検索順位を上げるのは難しく、
検索順位が低ければ見てもらえる確率は格段に低くなります。
そこで、まだ発売されたばかりで情報の少ない Windows Vista の記事や、
よそに載っていないマニアックな記事を作ることに力を注ぎました。

アクセス解析の結果を見ると、そのように力を注いだ記事の PV(表示回数)が高いです。
アクセスアップのための方針としては、間違っていなかったと思います。
しかし、ネット上の掲示板や職場においては、どこのサイトや書籍にも載っているような
トラブルや疑問の方が圧倒的に多いことも事実です。

これらは、実際にトラブルの起きた現場を見に行って苦笑いした事例です。
将来的に「パソコンFAQ」がマニアックな記事を追求するのか、
よくありがちな FAQ にシフトしていくのか、
その方針については、いろいろ悩みますね。

ユーザーの立場で考えれば、パソコンのトラブルが起きにくくなり、
対処方法をわかりやすく表示してくれることが理想ですけどね。


【目次】 前へ 次へ