Microsoft MVP への道

会う約束をするまでの駆け引き

最終更新日:2007/12/25

【目次】 前へ 次へ


詳しい話の返事が届きました。

パソコン困りごと相談 ではこれくらいの広告収入があり、
その売り上げを支えるためにはしっかりとした運営が必要で、
そのためのパートナーを探していると書いてありました。
興味があれば、一度会って話がしたいと書いてありました。

これって、詳しい話じゃなくて怪しい話?

正直、そう思いました。
うまい話にはウラがあると言いますし、
自慢じゃありませんが、私は石橋をたたきすぎて壊すような性格です。

とりあえず、返事を書くことにしました。

私の本業はサラリーマンで、サイト運営は片手間にマイペースにやっています。
きちんとした運営のお手伝いに、私などで良いのですか?

半分は本音です。
もう半分は、相手の気を悪くさせずに明言を避けるための方便です。
実はこのあと、桝田氏の本名をググって素性を調べつつ、
どう対応しようか思案していました。
その際に初めて、Microsoft MVP のプロフィールを目にしました。
1年後に自分も受賞するとは、夢にも思いませんでしたが。

結局、サイト運営の手伝いについては、「少し考えさせてください」という返事をいただきました。
ただ、パソコン関連のコンテンツを提供しているという点では同じ考えを持っていると思うので、
情報交換ができれば幸いだと、桝田氏のアプローチは続きます。
微妙な警戒心は抱きつつも、賛同できるお話でもあるので、
今度お会いしましょうということになりました。
1月3日、メール交換を初めて4日後の決断でした。


【目次】 前へ 次へ