Microsoft MVP への道

Global MVP Summit の土産話

最終更新日:2007/12/26

【目次】 前へ 次へ


ドメインの取得以来、アクセスアップのために相互リンクの登録や
旧ページからの転送設定をしていました。
そんな地味な作業のさなかに、あるメールを受信します。

「マイクロソフトMVPを取得する気はありますか?」

冒頭でも引用したそのメールは、桝田氏がアメリカから送ってくれたものでした。
Microsoft US本社で開催された Global MVP Summit からの帰路、
地元に帰る前に会いましょうと書かれていました。

3月17日、まさにアメリカから帰ってきたばかりの桝田氏と東京駅で会いました。
Global MVP Summit の具体的な内容は、守秘義務があるので話せないということでしたが、
とても充実した時間を過ごせたという気持ちは、ひしひしと伝わってきました。

「一緒にシアトルに行こうよ」

しばらく話を聞いていたあと、そう誘われました。
MVP を取得する気があるかという問いかけに私は答えずにいたので、
じれったくなったのかもしれません。

取得する気がなかったんじゃありません。ぴんとこなかったんです。
趣味で野球をしていた少年が、いきなり「甲子園に行くぞ!」と言われて
実感がわかずにきょとんとしていたという感じです。

どうすれば MVP をとれるかなんてことは、さっぱりわかりません。
ですが、明確な目標を設定することで、それを実現するために努力することには
大きな意義があると思いました。

MVP の取得を目指すことを桝田氏に伝え、その日は別れました。


【目次】 前へ 次へ