Windows Defender

Windows Defender でスパイウェアのスキャンをする

最終更新日:2009/9/23

Windows Vista から搭載された Windows Defender は、Windows 7 ではスタートメニューからはなくなりましたが、コントロールパネルの中には健在です。

  1. コントロールパネルの表示方法を「小さいアイコン」または「大きいアイコン」にして、「Windows Defender」をクリックします。

    Windows Defender

  2. 「Windows Defender」が起動するので、画面上部の「スキャン」をクリックします。

    スキャン

このように手動でスキャンをしなくても、実は初期設定で自動的にスキャンする設定になっています。その設定を確認するには、画面上部の [ツール] をクリックし、「ツールと設定」画面に切り替わったら「オプション」をクリックします。

オプション

自動スキャンの設定項目で、スキャンのスケジュールが設定されています。

自動スキャン

また、ダウンロードしたプログラムや添付ファイル、実行するプログラムに対して、リアルタイム保護が有効になっています。

リアルタイム保護