Windows 8

Windows 8 の「Windows の機能」の一覧

最終更新日:2013/1/5

エディション機能説明
EntPro無印 □ .NET Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0 を含む) .NET Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0 を含む)



 □ Windows Communication Foundation HTTP アクティブ化 Windows Communication Foundation HTTP アクティブ化



 □ Windows Communication Foundation 非 HTTP アクティブ化 Windows Communication Foundation 非 HTTP アクティブ化



□ .NET Framework 4.5 Advanced Services .NET Framework 4.5 Advanced Services



 □ ASP.NET 4.5 ASP.NET 4.5



 □ WCF サービス WCF サービス



  □ HTTP アクティブ化 HTTP アクティブ化



  □ TCP アクティブ化 TCP アクティブ化



  □ TCP ポート共有 TCP ポート共有



  □ メッセージ キュー (MSMQ) アクティブ化 メッセージ キュー (MSMQ) アクティブ化



  □ 名前付きパイプのアクティブ化 名前付きパイプのアクティブ化


× □ Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス (AD LDS) をインストールします。


×Hyper-V 仮想マシンおよびそのリソースを作成および実行するためのサービスおよび管理ツールを提供します。


×  □ Hyper-V プラットフォーム 仮想マシンとそのリソースの作成および管理に使用できるサービスを提供します。


×  □ Hyper-V 管理ツール Hyper-V を管理する GUI およびコマンドライン ツールを含みます。


×   □ Hyper-V GUI 管理ツール Hyper-V マネージャー スナップインおよび仮想マシン接続ツールを含みます。


×   □ Windows PowerShell 用 Hyper-V モジュール Hyper-V を監視する Windows PowerShell コマンドレットを含みます。



□ Internet Explorer 10 インターネット上の情報および Web サイトを検索して表示します。



□ Microsoft メッセージ キュー (MSMQ) サーバー Microsoft メッセージ キュー (MSMQ) のサーバーです



 □ Microsoft メッセージ キュー (MSMQ) サーバー コア 基本的なメッセージ キューの機能の実行を可能にする MSMQ のコア コンポーネントがインストールされます。この機能は最小要件です。


×   □ MSMQ Active Directory ドメイン サービスの統合 Active Directory ドメイン サービスの統合の機能を使うと、キューのプロパティを Active Directory ドメイン サービスに発行したり、Active Directory ドメイン サービスに登録された証明書を使っての簡易認証やメッセージの暗号化をしたり、Windows サイト間でのメッセージのルーティングを可能にしたりできます。この機能は、コンピュータがドメインに参加したときにのみ稼動可能になります。



  □ MSMQ HTTP サポート HTTP サポートの機能を使うと、キューをインターネットに公開できるので、アプリケーションが HTTP プロトコルを使ってメッセージをキューに送信できます。この機能には、Internet Information Services(IIS)が必要です。



  □ MSMQ トリガー メッセージ キュー トリガーでは、与えられたキュー内の着信メッセージのために定義するフィルターによって、COM コンポーネントか実行可能ファイルの起動が有効にされます。



  □ マルチキャスト サポート マルチキャスト サポートの機能を使うと、マルチキャスト IP アドレスへのメッセージの送信が可能になります。キューはマルチキャスト IP アドレスと関連付けることができます。マルチキャスト IP アドレスに送信されたメッセージは、その IP アドレスに関連付けられたキューに配信されます。



 □ MSMQ DCOM プロキシ DCOM プロキシの機能を使うと、リモートの MSMQ サーバーへ接続するために MSMQ アプリケーションが MSMQ DCOM API を使うことが可能になります。

×× □ NFS 用サービス ネットワーク ファイル システム(NFS)プロトコルを使用してファイルにアクセスできるようにします。

××  □ NFS クライアント UNIX ベースのコンピューター上へのファイルへ、このコンピューターからアクセスできるようになります。

××  □ 管理ツール ローカルやリモートのコンピューター上で NFS サービスを管理するツールです。


× □ RAS 接続マネージャー管理キット(CMAK) 32 ビット バージョンの Windows を実行するコンピューター上のリモート サーバーとネットワークに接続するためのプロファイルを作成します。



□ Remote Differential Compression API サポート サード パーティー アプリケーションで使用するために RDC (Remote Differential Compression) サポートをインストールします。



□ RIP リスナー Routing Information Protocol version 1(RIPv1)を使用するルーターから送信されたルートの更新をリッスンします。



□ Telnet クライアント 他のコンピューターにリモートで接続できるようになります。



□ Telnet サーバー コンピュータに他のコンピューターからリモートで接続できるようになります。



□ TFTP クライアント 簡易ファイル転送プロトコルを使用する転送ファイル

×× □ UNIX ベース アプリケーション用サブシステム [非推奨] 今回のリリース以降、UNIX ベース アプリケーション用サブシステム(SUA)は非推奨になりました。この機能に依存するアプリケーション、コード、またはシナリオがある場合は、すぐに代替手段の検討を始めてください。SUA を使用すると、Windows 環境で UNIX ベース アプリケーションをコンパイルして実行することができます。詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=217355 を参照してください。



□ Windows Identity Foundation 3.5 Windows Identity Foundation (WIF) 3.5 は、クレームベース ID を .NET 3.5 および 4.0 アプリケーションに実装する際に使用できる .NET Framework クラス一式です。WIF 3.5 の後継となる WIF クラスが、.NET 4.0 の一部として提供されています。アプリケーションでクレームベース ID をサポートする場合は、.NET 4.5 の使用を推奨します。



□ Windows PowerShell 2.0 Windows PowerShell 2.0 を追加または削除します



 □ Windows PowerShell 2.0 エンジン Windows PowerShell 2.0 エンジンを追加または削除します



□ Windows Search ファイル、電子メール、その他のコンテンツに対して、コンテンツのインデックス作成、プロパティ キャッシュ処理、検索結果の表示を行います。



□ Windows TIFF IFilter 光学式文字認識を使用する Tagged Image File Format (TIFF) ファイルのインデックス作成と検索を有効にします。



□ Windows プロセス アクティブ化サービス Windows プロセス アクティブ化サービスのインストール



 □ .NET 環境 マネージ コードのアクティブ化をサポートする .NET 環境のインストール



 □ プロセス モデル Windows プロセス アクティブ化サービス対応のプロセス モデルのインストール



 □ 構成 API マネージ コード構成 API のインストール



□ Windows 位置情報取得機能 コンピューターの場所を決定します。



□ XPS サービス XPS ドキュメントへの印刷を有効にします



□ XPS ビューアー XPS ドキュメントに対して、読み取り、コピー、印刷、署名、およびアクセス許可の設定を行うことができます



インターネット インフォメーション サービス インターネット インフォメーション サービスは、ASP.NET Web サイト、動的なコンテンツ(Classic ASP や CGI など)、ローカル管理、およびリモート管理のサポートを含めて、Web サーバーと FTP サーバーをサポートします。



 □ FTP サーバー FTP プロトコルを使用して、サーバーでファイルを転送できるようにします。



  □ FTP Service Web サーバーで FTP 発行を有効にします。



  □ FTP 拡張 独自のソフトウェア拡張機能を作成して FTP 発行をカスタマイズします。



 □ Web 管理ツール Web 管理コンソールおよびツールのインストール



  □ IIS 6 と互換性のある管理 既存の IIS 6.0 API およびスクリプトを使用して、この IIS 8.0 Web サーバーを管理できます。



   □ IIS 6 WMI 互換性 IIS 6.0 WMI スクリプト インターフェースのインストール



   □ IIS 6 スクリプト ツール IIS 6.0 構成スクリプトをインストールします



   □ IIS 6 管理コンソール IIS 6.0 管理コンソールをインストールします。このコンピューターからリモートの IIS 6.0 サーバーを管理できます。



   □ IIS メタベースおよび IIS 6 構成との互換性 Install IIS メタベースおよび互換性レイヤーをインストールし、メタベース呼び出しにより新しい IIS 8.0 構成ストアとの対話が可能になります



  □ IIS 管理コンソール ローカルおよびリモートの Web サーバー管理をサポートする Web サーバー管理コンソールをインストールします。



  □ IIS 管理サービス Web サーバー管理コンソールを使用して Web サーバーを別のコンピュータからリモートに管理できるようにします。



  □ IIS 管理スクリプトおよびツール IIS 構成スクリプトを使用したローカルな Web サーバー管理



 □ World Wide Web サービス IIS 8.0 World Wide Web サービスをインストールします。HTML Web サイトをサポートします。オプションで、ASP.NET、Classic ASP、および Web Server Extensions をサポートします。



  □ HTTP 共通機能 HTML やイメージ ファイルなどの Web サーバー コンテンツのサポート機能をインストールします。



   □ HTTP エラー クライアントから返されるエラー メッセージをカスタマイズできます



   □ HTTP リダイレクト クライアント要求を指定の宛先にリダイレクトします



   □ WebDAV 発行 HTTP プロトコルを使用して Web サーバー上のファイルを発行または管理します。



   □ ディレクトリの参照 Web サーバーのディレクトリの内容をクライアントが参照できるようにします



   □ 既定のドキュメント 要求 URL でユーザーがファイルを指定しない場合にロードする既定のファイルを指定できます



   □ 静的なコンテンツ Web サイトから .htm、.html、およびイメージ ファイルを提供します



  □ アプリケーション開発機能 Web サーバー アプリケーション開発機能のインストール



   □ .NET 拡張機能 3.5 Web サーバーが .NET Framework 3.5 アプリケーションをホストできるようにします



   □ .NET 拡張機能 4.5 Web サーバーで .NET Framework v4.5 アプリケーションをホストできるようにします



   □ Application Initialization Application Initialization で、コストのかかる Web アプリケーションの初期化タスクを実行してから、Web ページの処理を行います。



   □ ASP Web サーバーが Classic ASP アプリケーションをホストできるようにします



   □ ASP.NET 3.5 Web サーバーが ASP.NET 3.5 アプリケーションをホストできるようにします



   □ ASP.NET 4.5 Web サーバーが ASP.NET v4.5 アプリケーションをホストできるようにします



   □ CGI CGI 実行可能ファイルをサポートできるようにします



   □ ISAPI フィルター ISAPI フィルターが Web サーバーの動作を変更できます



   □ ISAPI 拡張機能 ISAPI 拡張機能がクライアント要求に対応できるようにします



   □ WebSocket プロトコル IIS8 および ASP.NET 4.5 では、WebSocket プロトコル経由で通信するサーバー アプリケーションの作成をサポートしています。



   □ サーバー側インクルード Web サイトから .stm、.shtm、および .shtml ファイルを提供します。



  □ セキュリティ 追加のセキュリティ機能を有効にし、サーバー、サイト、アプリケーション、vdir、およびファイルをセキュリティ保護できるようにします


×    □ IIS クライアント証明書マッピング認証 Windows セキュリティ識別子に対してクライアント証明書を 1 対 1 または多対 1 でマップします。



   □ IP セキュリティ IP アドレスまたはドメイン名に基づいてクライアント アクセスを許可または拒否します。


×    □ SSL 証明書の集中サポート SSL 証明書の集中サポートにより、ファイル共有を使用して、SSL サーバー証明書を一元管理できます。SSL サーバー証明書をファイルきょゆうに保持すると、1 か所で管理できるため、管理が容易になります。



   □ URL 認証 Web アプリケーションで構成される URL に対するクライアント アクセスを認証します。


×    □ Windows 認証 NTLM または Kerberos を使用してクライアントを認証します。


×    □ クライアント証明書マッピング認証 Active Directory アカウントを使用してクライアント証明書を認証します。


×    □ ダイジェスト認証 Windows ドメイン コントローラーにパスワード ハッシュを送信してクライアントを認証します。



   □ 基本認証 接続に有効な Windows ユーザー名およびパスワードを要求します。



   □ 要求のフィルタリング ルールを構成し、指定のクライアント要求をブロックします。



  □ パフォーマンス機能 パフォーマンス機能のインストール



   □ 静的なコンテンツの圧縮 クライアントへの返送前に静的なコンテンツを圧縮します



   □ 動的なコンテンツの圧縮 クライアントへの返送前に動的なコンテンツを圧縮します



  □ 状態と診断 サーバー、サイト、およびアプリケーションの健全性を監視し、管理できるようにします



   □ HTTP ログ このサーバーの Web サイト活動をログに記録できるようにします



   □ ODBC ログ ODBC と互換性のあるデータベースへのログをサポートできるようになります。



   □ カスタム ログ Web サーバー、サイト、およびアプリケーションのカスタム ログをサポートできるようにします



   □ トレース ASP.NET アプリケーションおよび失敗した要求をトレースできるようにします



   □ ログ ツール IIS 8.0 のログ ツールとスクリプトをインストールします



   □ 要求の監視 サーバー、サイト、およびアプリケーションの健全性を監視します



□ インターネット インフォメーション サービスのホスト可能な Web コア コア IIS 機能を使用して HTTP 要求を処理するようにアプリケーションをプログラミングします。


× □ ネットワーク プロジェクター ネットワーク プロジェクター



□ メディア機能 Windows Media Player、Windows Media Center などのメディア機能を管理します。



 □ Windows Media Player Windows Media Player



□ 印刷とドキュメント サービス このコンピューターの印刷、FAX およびスキャンのタスクを有効にします。



 □ LPD 印刷サービス Windows コンピューターを、Line Printer Daemon(LPD)または Line Printer Remote(LPR)クライアントとして機能するようにできます。



 □ LPR ポート モニタ UNIX(または VAX)サーバーに接続された TCP/IP プリンターへの印刷をクライアントに対して可能にします。


×  □ Windows FAX とスキャン このコンピューターの FAX とスキャンのタスクを有効にします



 □ インターネット印刷クライアント クライアントが、HTTP を使用して Web プリント サーバー上のプリンタへ接続できます。



 □ スキャン管理 分散スキャナー、スキャン プロセス、スキャン サーバーを管理します



□ 簡易 TCP/IP サービス (echo、daytime など) 簡易 TCP/IP サービスをインストールします。



□ 簡易 ネットワーク管理プロトコル (SNMP) この機能には、ネットワーク デバイスの動作を監視し、ネットワーク コンソール ワークステーションに報告する SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)エージェントが含まれます。



 □ WMI SNMP プロバイダー WMI SNMP プロバイダーは、WMI により実装された CIM モデルをとおして、WMI クライアントが SNMP 情報を使うことを可能にします。


<サイト内関連URL>

  • コントロールパネルのコマンド一覧(Windows 7)
  • 管理ツールの機能一覧(Windows 7)
  • Windows Vista の「Windows の機能」の一覧
  • Windows 7 の「Windows の機能」の一覧