セーフモードとコンピューターの修復

Windows 7 でシステム修復ディスクを作成する

最終更新日:2009/10/12

Windows 7 で重大なエラーが発生した場合に備えて システム回復オプション という機能が用意されていますが、この機能が利用できないほどの重大なエラーが発生したり、あるいはメーカー製の PC でシステム回復オプションが利用できないようになっていることもあるでしょう。そのような場合に備えて、システム修復ディスクを作成する方法を紹介します。

  1. コントロールパネルで「バックアップの作成」をクリックします。

    バックアップの作成

  2. 画面が切り替わったら、「システム修復ディスクの作成」をクリックします。

    システム修復ディスクの作成

  3. 「システム修復ディスクの作成」ダイアログが表示されるので、空のメディアを挿入して [ディスクの作成] をクリックします。

    ディスクの作成