起動とログオン

ログオン時に Windows Live Messenger が起動してしまう

最終更新日:2009/11/19

Windows Live のインストール後に、ログオン時に Windows Live Messenger が起動してしまう場合は、次の手順で設定を変更してみましょう。

Windows Live Messenger

  1. Altキーを押してメニューバーを表示させ、「ツール」−「オプション」をクリックします。

    オプション

  2. 「オプション」が表示されたら、左側のリストで「サインイン」を選択し、右側の“Windows へのログオン時に Windows Live Messenger を実行する”のチェックをはずして [OK] をクリックします。

    Windows へのログオン時に Windows Live Messenger を実行する

  3. Windows Live Messenger を閉じます。

タスクバーに Windows Live Messenger のアイコンが残っていたら、右クリックして「ウィンドウを閉じる」をクリックすれば、完全に終了させることができます。

ウィンドウを閉じる