設定の変更

ユーザーの切り替えができない(Windows XP)

最終更新日:2007/11/17

Windows XP の Home Edition と ドメインに参加していない Professional Edition では、ログオフしなくても他のユーザーに切り替えられる機能があります。この機能が有効になっていると、スタートメニューの「ログオフ」をクリックすると下図のようなダイアログが表示され、ユーザーの切り替えを実行できます。
ユーザーの切り替え

このダイアログではなく下図のようなダイアログが表示されてしまう場合、その機能が無効になっています。
ログオフ

その機能を有効にするには、下記の操作を行います。

  1. スタートメニューから [コントロールパネル] - [ユーザーアカウント] を開きます。
  2. 「ユーザーのログオンやログオフの方法を変更する」をクリックします。

    ユーザーのログオンやログオフの方法を変更する

  3. “ユーザーの簡易切り替えを使用する”にチェックをつけ、[オプションの適用] をクリックします。

    ユーザーの簡易切り替えを使用する

この設定をしてもユーザーの簡易切り替えができず、もう一度設定を確認すると“ユーザーの簡易切り替えを使用する”のチェックが外れてしまっている場合は、まず次の操作を行います。

  1. スタートメニューから [コントロールパネル] - [パフォーマンスとメンテナンス] - [管理ツール] - [サービス] を開きます。
    ※コントロールパネルがクラシック表示の場合、[パフォーマンスとメンテナンス] はありません。
  2. 右側の画面で名前が「Terminal Services」の項目をダブルクリックします。
  3. スタートアップの種類を「手動」にし、サービスの状態の下にある [開始] をクリックします。

    Terminal Services

  4. サービスが開始されたら、再度ユーザーアカウントから“ユーザーの簡易切り替えを使用する”のチェックをつけてみましょう。

ここまで確認してもまだ解決しない場合、レジストリの設定を確認します。

  1. スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
    (スタートメニューに「ファイル名を指定して実行」を表示させたい)
  2. 「regedit」と入力して [OK] をクリックします。
  3. レジストリ エディタの画面左側のツリーで下記のキーを捜します。
      HKEY_LOCAL_MACHINE
        SOFTWARE
          Microsoft
            Windows NT
              CurrentVersion
                Winlogon
  4. 画面右側の AllowMultipleTSSessions、および LogonType の値のデータを確認します。両方とも 1 になっている場合に、ユーザーの切り替えが可能になります。

AllowMultipleTSSessions


<サイト内関連URL>

  • “ようこそ画面を使用する”のチェックをはずしても、チェックが戻ってしまう