起動時のトラブル

ダブルクリックで Excel ファイルを開けない
プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました

最終更新日:2015/4/14

Excel を起動後にファイルメニューから Excelファイルを開くことができても、ダブルクリックでは開けなかったり、

プログラムにコマンドを送信しているときに、エラーが発生しました

というエラーが表示される場合、オプションの設定に問題があると考えられます。

● Excel 2010/2013

  1. Excel のりボンの左端にある「ファイル」をクリックします。

    ファイル

  2. 縦長に展開されるメニューの「オプション」をクリックします。

    オプション

  3. 「Excelのオプション」画面が開いたら、画面左側の“詳細設定”をクリックします。
  4. 画面右側の一番下の方にある「全般」のグループにある“Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する”のチェックをはずします。

    Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する

  5. [OK] をクリックします。

● Excel 2007

  1. Excel の画面左上の丸い Office ボタンをクリックします。
  2. 展開されるメニュー右下の [Excelのオプション] をクリックします。
  3. 「Excelのオプション」画面が開いたら、画面左側の“詳細設定”をクリックします。
  4. 画面右側の一番下の方にある「全般」のグループにある“Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する”のチェックをはずします。

    Dynamic Data Exchange (DDE) を使用する他のアプリケーションを無視する

  5. [OK] をクリックします。

● Excel 2003 以前

  1. Excel のメニューバーの [ツール] - [オプション] をクリックします。
  2. 「全般」タブをクリックし、“他のアプリケーションを無視する” のチェックをはずします。

    他のアプリケーションを無視する

  3. [OK] をクリックします。

<関連URL>

  • [XL2002] ダブルクリックでファイルを開くとエラーが発生して開けない
  • [XL97] エクスプローラでダブルクリックしてもワークブックが開かないケースについて
  • [OL2000] Excel 添付ファイルをダブルクリックして開けない