起動時のトラブル

開こうとしているファイル 'Book1.xls' の形式は、ファイル拡張子が示す形式とは異なります。

最終更新日:2010/3/22

Excel 2007 をインストールしている PC で Excelファイルを開こうとしたら、次のような警告が表示されました。

開こうとしているファイル 'Book1.xls' の形式は、ファイル拡張子が示す形式とは異なります。
このファイルを開く前に、ファイルが破損していないこと、信頼できる発行元からのファイルであることを確認してください。ファイルを今すぐ開きますか?

開こうとしているファイル 'Book1.xls' の形式は、ファイル拡張子が示す形式とは異なります。このファイルを開く前に、ファイルが破損していないこと、信頼できる発行元からのファイルであることを確認してください。ファイルを今すぐ開きますか?

[ヘルプ] をクリックして説明を読むと、

Microsoft Office Excel 2007 で開こうとしているファイルの拡張子が、そのファイルの実際のファイル形式と一致しないことがあります。たとえば、ファイル名拡張子 .xlsx を持つファイルが、実際にはテキスト ファイルであり、正しいファイル名拡張子は .txt である場合があります。

のように書いてありますが、テキストファイルの拡張子を .xlsx に変更して開こうとした場合には

Excel でファイル '新しいテキスト ドキュメント.xlsx' を開くことができません。

のような警告が表示されましたので、ヘルプで紹介されている事例はあてはまらないこともあるようです。

さて、上の警告が表示された際に [はい] をクリックすれば開いて正常に表示されるならば、.xlsx形式のファイルの拡張子が .xlsに変更されているという可能性もあります。 試しにそのファイルの拡張子の末尾に「x」を付け足してみると、正常に表示されることもあります。

拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります。

Excel 2007標準の .xlsx形式ならば、拡張子を .zip に変更すれば中身が xmlファイルであることを確認できるので、この方法も .xlsx形式のファイルかどうかを識別する方法の1つです。

zipファイル