セキュリティ対策

Excel のファイルメニューに表示されるファイルの履歴を削除したい

最終更新日:2015/3/30

Excel 2007 Excel 2003 以前

● Excel 2010/2013

  1. Excel の画面左上の「ファイル」をクリックし、[オプション] をクリックします。

    オプション

  2. 「Excel のオプション」画面が開いたら、画面左側の“詳細設定”をクリックします。
  3. 画面右側の「表示」のグループにある
    “最近使ったブックの一覧に表示するブックの数”(2013)
    “最近使用したドキュメントの一覧に表示するドキュメントの数”(2010)
    を 0 にします。

    最近使用したドキュメントの一覧に表示するドキュメントの数

  4. [OK] をクリックします。

● Excel 2007

  1. Excel の画面左上の丸い Office ボタンをクリックします。
  2. 展開されるメニュー右下の [Excelのオプション] をクリックします。
  3. 「Excelのオプション」画面が開いたら、画面左側の“詳細設定”をクリックします。
  4. 画面右側の「表示」のグループにある“最近使用したドキュメントの一覧に表示するドキュメントの数”を 0 にします。

    最近使用したドキュメントの一覧に表示するドキュメントの数

  5. [OK] をクリックします。

個別に特定の履歴を削除する場合は、レジストリを直接操作します。

  1. Windows ロゴキーを押しながら、R キーを押します。
  2. 「ファイル名を指定して実行」ダイアログに「regedit」と入力して [OK] をクリックします。
  3. レジストリ エディタで下記のキーを捜します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Excel\File MRU
  4. 画面右側の Item1 などをダブルクリックし、値のデータを Delete キーで削除して [OK] をクリックします。値そのものは削除せず残します。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Excel\File MRU

● Excel 2003 以前

Excel のメニューバーから [ツール] - [オプション] をクリックし、全般タブで“最近使ったファイルの一覧”のチェックをはずして [OK] をクリックします。

最近使ったファイルの一覧

個別に特定の履歴を削除する場合は、レジストリを直接操作します。

  1. スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
  2. 「regedit」と入力して [OK] をクリックします。
  3. レジストリ エディタで下記のキーを捜します。
    Excel2003:HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Excel\Recent Files
    Excel2002:HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\10.0\Excel\Recent Files
    Excel2000:HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\9.0\Excel\Recent Files
  4. 画面右側の File1 などをダブルクリックし、値のデータを Delete キーで削除して [OK] をクリックします。値そのものは削除せず残します。

レジストリエディタ


<サイト内関連URL>

  • Access のファイルメニューに表示されるファイルの履歴を削除したい
  • PowerPoint のファイルメニューに表示されるファイルの履歴を削除したい
  • Word のファイルメニューに表示されるファイルの履歴を削除したい