セキュリティ対策

Excel で隠れたシートに要注意

最終更新日:2009/4/25

他人に Excel ファイルを渡した際に、消したと思っていたシートが実は非表示になって隠れていて、渡してはいけない情報を渡してしまったということはないでしょうか?

シートが非表示になる原因は2つあります。1つは意図して非表示にした場合、もう1つはスクロールしないと表示されない状況になってしまった場合、どちらもぱっと見はシートがないように見えるので、気付かずに他人に渡してしまって見つけられてしまうというリスクがあります。

非表示にしたシートを再表示するには、次の操作を行います。非表示になっているシートがなければ、「再表示」のコマンドは淡色表示でクリックできないようになっています。

● Excel 2003 以前

メニューバーで、「書式」-「シート」-「再表示」をクリック。
「書式」-「シート」-「再表示」

● Excel 2007

リボンの「ホーム」を選択し、「書式」-「非表示/再表示」-「シートの再表示」

「書式」-「非表示/再表示」-「シートの再表示」

非表示のシートがある場合には、この後再表示させるシートを選択する小窓が表示されます。そこでシート名を選択して「OK」をクリックします。

再表示

スクロールしないと表示されないようになっている場合は、注意深さが求められます。シートの表示をスクロールさせるボタン群 スクロールボタン とシートのタブの間の表示が、微妙に違っていることがわかるでしょうか?

● Excel 2003 以前

すべてのシートが表示されている状態
すべてのシートが表示されている状態

Sheet1 がスクロールしないと表示されないようになっている状態
Sheet1 がスクロールしないと表示されないようになっている状態

● Excel 2007

すべてのシートが表示されている状態
すべてのシートが表示されている状態

Sheet1 がスクロールしないと表示されないようになっている状態
Sheet1 がスクロールしないと表示されないようになっている状態

このような場合には、スクロールさせるボタン群のうち左向きのボタン スクロールボタン を押して、すべてのシートを表示させましょう。