データ保存時のトラブル

次の機能はマクロなしのブックに保存できません

最終更新日:2009/6/9

Excel 2007 でマクロを含むファイルを保存しようとすると、

次の機能はマクロなしのブックに保存できません

次の機能はマクロなしのブックに保存できません

というメッセージが表示されることがあります。Excel 2007 の初期設定で選択される xlsx 形式のファイルにはマクロを含ませることができず、xlsm 形式のマクロ有効ブックとして保存しなければならないので、このような警告が表示されます。

マクロ有効ブック

そして、このメッセージで [はい] を選択してしまうと、せっかく作ったマクロが失われた状態で保存されてしまいます。そこで、Excel 2007 でファイルを保存する際の既定の形式を、マクロを含めない xlsx ではなく、マクロを含むことのできる xlsm に変更しておくことで、このようなトラブルを防止する効果があります。

  1. 画面左上の丸い Office ボタンをクリックします。
  2. 展開されるメニュー右下の [Excel のオプション] をクリックします。

    Excel のオプション

  3. 「Excel のオプション」ウィンドウが表示されたら、左側の [保存] をクリックします。
  4. 画面右側の「ファイルの保存形式」で「Excel マクロ有効ブック(*.xlsm)」を選択して [OK] をクリックします。

    Excel マクロ有効ブック(*.xlsm)


<サイト内関連URL>

  • Excel 2007 でマクロを有効にしたい
  • Excel 2007 で特定のフォルダーにあるファイルのマクロを有効にしたい