データ保存時のトラブル

「プライバシーに関する注意: このドキュメントには、マクロ、ActiveX コントロール、XLM 拡張パックの情報、または Web コンポーネントが含まれています。」と表示される

最終更新日:2011/1/29

Word でファイルを保存しようとしたときに、次のようなプライバシーに関する注意のダイアログが表示されることがあります。

● Word 2003
プライバシーに関する注意: このドキュメントには、マクロ、ActiveX コントロール、XLM 拡張パックの情報、または Web コンポーネントが含まれています。

● Word 2007
プライバシーに関する注意: このドキュメントには、マクロ、ActiveX コントロール、XLM 拡張パックの情報、または Web コンポーネントが含まれています。

この現象は、その Wordファイルで保存時にファイルのプロパティから個人情報を削除する設定になっている場合に起こる可能性があります。Excel 2003 では、メッセージの中に設定項目の場所が明記されているので変更は容易ですが、Word 2007 では何も書いてないうえに設定項目自体がとてもわかりづらい場所にあります。

  1. 画面左上の丸い Office ボタンをクリックします。
  2. 展開されるメニュー右下の [Word のオプション] をクリックします。

    Word のオプション

  3. 「Word のオプション」ウィンドウが表示されたら、左側の [セキュリティー センター] をクリックします。
  4. ウィンドウ右下の [セキュリティー センターの設定] をクリックします。

    セキュリティー センターの設定

  5. 「セキュリティー センター」ウィンドウが表示されたら、左側の [プライバシー オプション] をクリックし、画面右側の“ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する”のチェックをはずします。

    保存時にファイルのプロパティから個人情報を削除する

● Word 2003

  1. メニューバーで [ツール] - [オプション] をクリックします。
  2. 「セキュリティ」タブをクリックします。
  3. 「保存時にファイルのプロパティから個人情報を削除する」のチェックをはずします。

    保存時にファイルのプロパティから個人情報を削除する


<関連URL>

  • ファイルからプロパティや個人情報を削除する