Internet Explorer

Internet Explorer の保護モードを解除したい

最終更新日:2011/7/31

このページでは、Internet Explorer 7以降のバージョンで実装されている保護モードを解除する方法を紹介します。

(1) インターネットオプションで設定する場合

  1. Internet Explorer のバージョン7,8では、Internet Explorer の右下に表示される 保護モード をダブルクリックします。
    Internet Explorer 9ではその表示がないため、ウィンドウ右上の右端のアイコンをクリックし、メニューの「インターネット オプション」をクリックします。そのあと、「セキュリティ」タブを選択します。
    インターネット オプション
  2. “保護モードを有効にする”のチェックをはずし、[OK] をクリックします。

    保護モードを有効にする

  3. Internet Explorer を再起動します。

(2) グループポリシーで設定する場合

  1. スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
    (スタートメニューに「ファイル名を指定して実行」を表示させたい)
  2. gpedit.msc と入力して [OK] をクリックします。
  3. 「ユーザーアカウント制御」ダイアログが表示されたら、[続行] をクリックします。
  4. 画面左側のツリーで、
      コンピュータの構成
        管理用テンプレート
          Windows コンポーネント
            Internet Explorer
              インターネット コントロールパネル
                セキュリティ ページ
    を選択します。
  5. 「セキュリティ ページ」の下にある、保護モードを解除したいゾーンの項目を選択します。

    セキュリティ ページ

  6. 画面右側の「保護モードを有効にする」をダブルクリックします。
  7. プロパティで「有効」を選択し、保護モードの「無効にする」を選択して [OK] をクリックします。

    保護モードを有効にする


<サイト内関連URL>

  • 管理ツールにグループポリシー(gpedit.msc)を追加したい