Windows XP Mode

Windows XP Mode が起動しない

最終更新日:2011/3/13

Windows XP Mode や Virtual PC が起動しなくなり、「統合機能は無効となっています」「統合機能を有効にできませんでした」などのエラーメッセージが表示されたり、仮想PC へのログオンやシャットダウンができなくなることがまれにあるようです。

そのような場合には、まず Windows XP Mode の設定を変更する の 5 のように、仮想PC の設定画面を開きます。設定画面が開いたら、画面左側の「閉じる」を選択します。

閉じる

そのあと、画面右側で「次の操作により自動的に閉じる」を選択し、「休止状態」が選択されていたら「シャットダウン」を選択して [OK] をクリックします。

シャットダウン

このあと、再度 XP Mode を起動してみましょう。

なお、仮想PC が休止状態になる場合、状態をハードディスクにファイル(次段落で後述)として保存してから閉じられます。このファイルが一時的に壊れたために次回起動しなくなったという可能性もあるので、閉じるときの動作をシャットダウンに変更することで正常に起動するようになったならば、今度は閉じるときの動作を最初の設定に戻して動作を確かめてみるのも良いでしょう。

前述の壊れた休止状態のファイルを削除して、電源切断の状態から仮想PC を起動させるには、次の操作を行います。

  1. 休止状態の仮想PC の設定画面を開き、「ハードディスク1」を選択します。

    ハードディスク1

  2. 画面右側の“仮想ハードディスク ファイル”のパスのうち、ファイル名を除くフォルダのパスの部分を選択してコピーします。

    仮想ハードディスク ファイル

  3. エクスプローラーのアドレスバーにコピーしたパスを貼り付け、Enterキーを押します。

    エクスプローラーのアドレスバー

  4. 仮想マシンのフォルダに切り替わったら、拡張子が vsv のファイルを探します。拡張子が表示されない場合は、こちら を参考に拡張子を表示する設定に変更することをお勧めします。

    エクスプローラーのアドレスバー

  5. そのファイルを削除する、あるいは拡張子を一時的に変更してから仮想PC を起動します。

    ファイルを削除する、あるいは拡張子を一時的に変更


<参考URL>

  • xpモードを立ち上げると「統合機能は無効となっています」とエラー表示がでる。
  • XPモードが全く起動しなくなってしまいました。
  • Windows 7 ProfessionalにインストールしたWindows XP Modeが正常に起動しなくなった。正常に戻すにはどうしたらよいかお教えください。