Windows XP Mode

固定でない仮想マシンのハードディスクサイズを縮小する

最終更新日:2010/1/24

Virtual PC の仮想ハードディスク ファイル(種類が“固定”のファイルを除く)は、仮想マシンでのファイル作成などを繰り返していく過程で大きくなっていきます。 ファイルを削除しても、小さくはなりません。

仮想ハードディスクのサイズを小さくするには、その圧縮という操作が有効です。 また、圧縮する前に、仮想マシンの不要なファイルを削除してディスクデフラグを実行しておくと、より効果が大きくなります。

  1. サイズを圧縮したい仮想マシンの設定画面を開きます。

    設定

  2. 設定項目の「ハードディスク 1」(環境によっては 2,3)を選択し、[変更] をクリックします。

    ハードディスク

  3. 「仮想ハードディスクの変更」ウィザードが表示されるので、“仮想ハードディスクの圧縮”をクリックします。

    仮想ハードディスクの変更

  4. 現在のサイズが表示されるので、[圧縮] をクリックします。このあとユーザーアカウント制御のダイアログが表示され、操作を許可すると圧縮が始まります。しばらく時間がかかります。

    仮想ハードディスクの圧縮

  5. 圧縮が終わったら、[閉じる] をクリックします。

    仮想ハードディスクの圧縮

  6. このあと [変更] をクリックしたハードディスクの設定画面に戻りますが、戻った時点では「現在のサイズ」の表示は更新されていません。一度「名前」などほかの画面に切り替えてから、再度「ハードディスク 1」を表示させると、仮想ハードディスクサイズの「現在のサイズ」が更新されていることを確認できます。

    ハードディスク