Windows XP Mode

Virtual Windows XP の画面のプロパティで画面の色に「中(16ビット)」しか選べない

最終更新日:2009/12/8

統合機能を有効にしている Virtual Windows XP では、画面のプロパティの「設定」タブで画面の色として「中(16ビット)」しか選ぶことができません。
(統合機能を無効にしていれば、「高(32ビット)」も選ぶことができます。)

中(16ビット)

統合機能が有効のままでも色のビット数を上げたい場合には、Virtual Windows XP で下記の設定をしてみましょう。

  1. スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

    ファイル名を指定して実行

  2. 「ファイル名を指定して実行」が表示されたら、名前の欄に「gpedit.msc」と入力して Enter をクリックします。

    gpedit.msc

  3. 「グループポリシー」が起動したら、画面左側のツリーで
      コンピュータの構成
        管理用テンプレート
          Windows コンポーネント
            ターミナル サービス
    を選択し、画面右側の「色の解像度を制限する」をダブルクリックします。

    色の解像度を制限する

  4. 「色の解像度を制限するのプロパティ」が表示されたら、“有効”を選択して色の解像度を選択して [OK] をクリックします。(ここの選択肢に表示されている以上の解像度にはすることができません。)

    色の解像度を制限するのプロパティ

このあと、画面の色はグループポリシーで設定したビット数になります。

画面の色