Windows 7/8 のアクセサリ

Windows 7/8 の 付箋

最終更新日:2012/12/29

Windows Vista の付箋はサイドバーのガジェットの1つでしたが、Windows 7 からはアクセサリ(Windows 8 でアクセサリのフォルダーが見つからない)から呼び出せる独立したプログラムになりました。背景の色を変更したり、アドレスを記入すると自動的にハイパーリンクに変換する(リンク先を開くには Ctrl キーを押しながらクリック)などの機能強化が施されています。

● Windows 7/8 の付箋
Windows 7/8 の付箋
Windows 7 の付箋

付箋を削除しようとしたとき、確認のメッセージが表示されるようになりました。Vista の付箋は確認を求められず即削除されてしまったので、ユーザーの声を聞いて改善したのだと思います。
付箋の削除

● Windows Vista の付箋
Windows Vista の付箋

文字を装飾するには、次のショートカットキーを利用することができます。

操作内容ショートカットキー
文字の拡大Ctrl + Shift + >(または Ctrl + マウスホイール上回転)
文字の縮小Ctrl + Shift + <(または Ctrl + マウスホイール下回転)
太字Ctrl + B
斜体Ctrl + I
下線Ctrl + U
取り消し線Ctrl + T
箇条書きCtrl + Shift + L

付箋

付箋のデータは、「C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Microsoft\Sticky Notes」という隠しフォルダーの StickyNotes.snt というファイルに自動的に保存されます。バックアップを残しておきたい場合には、そのファイルを保存しておくようにします。

StickyNotes.snt


<サイト内関連URL>

  • アクセサリのツール一覧(Windows 7)