システムツール

Windows XP のディスク クリーンアップから「古いファイルの圧縮」を除外して高速化する

最終更新日:2008/7/12

Windows XP のディスク クリーンアップの項目の中に、「古いファイルの圧縮」があります。この圧縮ファイルの検索には非常に時間がかかるので、この項目を除外することによりディスク クリーンアップを高速化することができます。

古いファイルの圧縮

  1. スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
  2. 「regedit」と入力して [OK] をクリックします。
  3. レジストリ エディタを下記のキーを捜します。
      HKEY_LOCAL_MACHINE
        SOFTWARE
          Microsoft
            Windows
              CurrentVersion
                Explorer
                  VolumeCaches
                    Compress old files
  4. 見つかった「Compress old files」を右クリックし、エクスポートしてバックアップを保存しておきます。

    Compress old files

  5. 「Compress old files」を右クリックし、「削除」をクリックします。
このあとにディスク クリーンアップを実行すると、削除するファイルの表示が非常に速くなり、その項目から「古いファイルの圧縮」がなくなっていることを確認できます。
古いファイルの圧縮がない

レジストリキー「Compress old files」をバックアップし忘れたり、削除視したりしてしまった場合には、Compressoldfiles.zip をダウンロードして保存し、解凍して得られるファイルをダブルクリックしてください。


<関連URL>

  • 古いファイルの圧縮中にディスク クリーンアップ ツールが応答を停止する
  • <サイト内関連URL>

  • Windows XP のディスク クリーンアップの削除するファイル一覧