リモートデスクトップ

リモートデスクトップ接続で、全画面表示ではなくウィンドウ表示で画面を開く方法

[XP][Vista][7][8] 最終更新日:2013/1/6

リモートデスクトップ接続で設定を変更せずにほかの PC に接続すると、全画面表示で接続した PC の画面が開きます。 接続元、接続先の両方の PC の画面を表示させたいような場合には、全画面表示ではなく最初からウィンドウ表示で画面が開いてくれれば便利です。

  1. リモートデスクトップ接続のダイアログを表示させたあと、「オプション」をクリックします。

    オプション

  2. ダイアログが縦に伸びるので、「画面」タブをクリックします。

    画面

  3. リモートデスクトップのサイズを変更するスライダーをずらして、解像度を選択します。そのあと、[接続] をクリックします。

    画面

  4. 接続先の PC の画面が、ウィンドウ表示で開きます。

    リモートデスクトップ接続


<サイト内関連URL>

  • Windows XP でリモートデスクトップ接続を利用する方法
  • Windows Vista でリモートデスクトップ接続を利用する方法
  • Windows 7 でリモートデスクトップ接続を利用する方法
  • Windows 8 でリモートデスクトップ接続を利用する方法