システム構成ユーティリティ

Windows 7 のシステム構成(msconfig)

最終更新日:2009/10/13

管理ツールの「システム構成」をクリックするか、検索ボックスで「msconfig」と入力して Enter キーを押すと、システム構成(msconfig)というツールが起動します。

● 全般
スタートアップの方法を選択します。コンピューターの起動時に何らかのエラーが発生する場合には、原因の切り分けのために「診断スタートアップ」を選択するという方法も有効でしょう。

全般

● ブート
デュアルブート環境では、既定の OS を選択することができます。ブート オプションではセーフ ブートなどを指定することができますが、コンピューターの電源を入れたあとに F8 キーを押す方法の方が手軽かもしれません。 (Windows 7 でシステム回復オプションを利用する

ブート

● サービス
サービスの一覧を表示します。サービスを停止したり無効にしたりするには、サービスの説明も見ることができる管理ツールの サービス を利用した方が良いでしょう。

サービス

● スタートアップ
スタートアップ プログラムの一覧を表示します。チェックがついているのが、コンピューターの起動時に起動するプログラムです。起動時に何らかのエラーが発生する場合に、どのプログラムがエラーの原因になっているかを調べるなどの用途に利用できます。ここでは、スタートアップ フォルダーにショートカット アイコンがなく、レジストリに登録されているプログラムも制御できるので便利です。

スタートアップ

● ツール
さまざまなツールを起動できます。MACアドレスを表示させる場合などに使う ipconfig コマンドなども、コマンド名を忘れてしまってもここから起動することができます。

ツール


<サイト内関連URL>

  • 設定終了後に再起動を選択する画面で“今後、このメッセージを表示しない”にチェックをつけた設定を解除したい
  • Windows 8 のシステム構成(msconfig)