タスクマネージャ

タスクマネージャは管理者によって使用不可にされています。

[XP][Vista][7][8] 最終更新日:2013/3/24

タスクマネージャを起動しようとしたときに

タスク マネージャは管理者によって使用不可にされています。

タスク マネージャは管理者によって使用不可にされています

というエラーメッセージが表示される場合は、次の手順でレジストリのデータを修正します。
Windows Vista 以降で、ショートカットキー Ctrl + Shift + Esc をクリックしてもタスクマネージャが起動せず、何の反応もない場合も、対処方法は同じです。

  1. スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
    (スタートメニューに「ファイル名を指定して実行」を表示させたい)
  2. 「regedit」と入力して[OK]をクリックします。
  3. レジストリ エディタの画面左側のツリーで下記のキーを捜します。
      HKEY_CURRENT_USER (HKEY_LOCAL_MACHINE)
        Software
          Microsoft
            Windows
              CurrentVersion
                Policies
                   System
  4. 画面右側に DisableTaskMgr という名前の DWORD値がありデータが 1 になっていたら、右クリックして [削除] をクリックします。

DisableTaskMgr

この値がセットされていた場合、ウィルスやスパイウェアに感染している疑いがありますので、セキュリティ対策ソフトでスキャン・駆除することをお勧めします。


<サイト内関連URL>

  • タスクマネージャのメニューバーが表示されない
  • タスクマネージャを起動したい