Windows 7 のネットワーク

ホームグループを作成する

最終更新日:2009/10/30

Windows 7 で導入されたホームグループは、ネットワーク上の Windows 7 同士で画像、ドキュメント、プリンターなどを共有するための仕組みです。 Windows 7 の初期設定時に「ネットワークの場所の設定」という画面が表示され、ここで「ホーム ネットワーク」をクリックすると、ホームグループの作成画面に進みます。

ネットワークの場所の設定

ホームグループの作成

作成が終わると、ホームグループのパスワードが表示されます。このパスワードは、忘れないように残しておきましょう。

ホームグループの作成

ホームグループを作成したコンピューターに接続するには、コントロールパネルで「ネットワークとインターネット」のグループにある「ホームグループと共有に関するオプションの選択」をクリックします。

ホームグループと共有に関するオプションの選択

画面が切り替わったら、[今すぐ参加] をクリックします。

Windows 7 を実行している他のホームコンピューターとの共有

ホームグループへの参加画面に切り替わったら、共有する項目を選択して [次へ] をクリックします。

ホームグループへの参加

すでに作成していたホームグループのパスワードを入力して [次へ] をクリックします。

ホームグループへの参加

ホームグループへの参加

エクスプローラーの「ホームグループ」から、共有化したフォルダーやプリンターにアクセスすることができます。

ホームグループ

ホームグループの作成後に設定を変更するには、「ホームグループ」を右クリックして「ホームグループ設定の変更」をクリックします。

ホームグループ設定の変更

ホームグループ設定の変更

ホームグループで共有化したフォルダーの中で、特定のフォルダーやファイルだけは共有化したくない場合には、そのフォルダーやファイルを右クリックして「共有」−「なし」をクリックします。

ホームグループの共有設定

共有をなしにしたフォルダーにアクセスしようとすると、「利用できない場所を参照しています」というエラーが発生します。

ホームグループの共有設定