Windows 転送ツール

今まで使っていた PC に Windows 転送ツールを導入し、転送するファイルを選択する

最終更新日:2009/10/12

このページは、今まで使っていた PC に Windows 転送ツールを導入する準備 の続きです。Windows XP に Windows 転送ツールを導入し、新しい PC に転送するファイルを選択するまでの流れを紹介します。

USBメモリにコピーしておいた Windows 転送ツールをインストールするので、Windows XP に USBメモリを挿入してインストールを開始します。

Windows 転送ツールを今までのコンピューターにインストール

Windows 転送ツールの開始

概要はすでに読んでいるので、ここでは読み飛ばします。

Windows 転送ツールへようこそ

データを新しいコンピューターに転送する方法として、ここでは「外付けハードディスクまたは USBフラッシュドライブ」を選択します。

外付けハードディスクまたは USBフラッシュドライブ

「これは今までのコンピューターです」をクリックします。

これは今までのコンピューターです

転送できる内容のスキャンが始まります。転送できるのは、全ユーザーのファイルと共通項目で、容量にもよりますがしばらく時間がかかります。

転送できる内容を確認しています

スキャンが終わったら、転送したい項目にチェックをつけて [次へ] をクリックします。

このコンピューターから転送する内容を選択します

転送するファイルにパスワードをかけて保護したい場合には、パスワードを入力します(必須ではありません)。次へ進むには、[保存] をクリックします。

転送するファイルおよび設定を保存します

転送するファイルを保存する場所を選択して [保存] をクリックします。

転送ツール ファイルの保存

保存が終わるまでしばらく待ちます。

ファイルおよび設定を保存しています

保存が終わったら、[次へ] をクリックします。

転送のためのファイルと設定が保存されました。

転送ファイルが作成されました

このコンピューター上での Windows 転送ツールの処理は完了しました。

この続きは、Windows 転送ツールで新しい PC にデータを転送する をご覧ください。