Windows 転送ツール

Windows 転送ツールで新しい PC にデータを転送する

最終更新日:2009/10/12

このページは、今まで使っていた PC に Windows 転送ツールを導入し、転送するファイルを選択する の続きです。Windows XP で転送するために保存したファイルを、新しい Windows 7 に取り込むまでの流れを紹介します。

Windows XP で保存しておいた転送ツール ファイルをダブルクリックします。

選択された転送ツール ファイルを開いています

転送するファイルとして保存していた項目の中ら、取り出したい項目にチェックをつけて [転送] をクリックします。

このコンピューターに転送する内容を選択します

「カスタマイズ」をクリックすると、転送する項目を細かく選択することができます。さらに「詳細設定」をクリックすると、転送するフォルダーをより細かく選択することができます。

カスタマイズ

詳細設定

転送を進めると、元のデータに複数のユーザーアカウントのデータがある場合には、今まで使っていた PC のユーザーを、それぞれ新しい PC のどのユーザーのデータとして転送するかを指定する画面が開きます。それぞれユーザーを選択して、[保存] をクリックします。

ユーザーアカウントを割り当てます

転送が完了すると画面が切り替わり、転送された内容の確認をすることができます。

転送が完了しました

「Windows 転送ツール レポート」が起動し、転送したユーザーアカウントの数、ドキュメントの数、プログラム設定などを確認することができます。

Windows 転送ツール レポート

「プログラム レポート」タブをクリックすると、プログラムの転送に関するレポートが表示されます。今までの Windows にはあって、Windows 7 にはないプログラムがいくつかあるので、どんなプログラムかをチェックしておきましょう。

Windows 転送ツール レポート

メッセージに従って PC を再起動します。

転送を完了するには、コンピューターを再起動してください