コマンドプロンプト

コマンドプロンプトの背景色と文字色を変更する

最終更新日:2009/9/19

コマンドプロンプトは、初期設定では背景色が黒で文字色が白ですが、画面が黒いというだけで抵抗を感じる人もいるようです。色を変更するには、次の手順で設定を変更します。

  1. アクセサリのコマンドプロンプトの項目を右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

    プロパティ

  2. 「コマンドプロンプトのプロパティ」が表示されたら、「画面の色」タブをクリックします。

    プロパティ

  3. たとえば“画面の背景”を選択して白い色のボックスをクリックし、“画面の文字”を選択して黒い色のボックスをクリックします。

    画面の背景

    画面の文字

  4. [OK] をクリックしてプロパティを閉じます。