Windows 10 のデスクトップ

ウィンドウをデスクトップの左半分(右半分)で最大化させる

最終更新日:2015/8/21

Windows 7 から、デスクトップ上のウィンドウを左半分、または右半分で最大化させることができるようになりましたが、Windows 10 ではこの機能がさらにパワーアップしています。

最初のウィンドウ表示

左半分で最大化させるには、タイトルバーをドラッグしてデスクトップの左端までもっていきます。境界線に達すると透明な枠が表示され、マウスボタンを離すとウィンドウが左半分で最大化されます。
この操作のショートカットキーは、 + ← です。

左半分で最大化させようとしている途中

左半分で最大化したところ

右半分で最大化させるには、タイトルバーをドラッグしてデスクトップの右端までもっていきます。境界線に達すると透明な枠が表示され、マウスボタンを離すとウィンドウが右半分で最大化されます。
この操作のショートカットキーは、 + → です。

右半分で最大化させようとしている途中

右半分で最大化したところ

ここから先が、Windows 10 でのパワーアップ内容です。
まず、表示中のウィンドウのサイズ(下図では左側のエクスプローラー)を変更してからもう1つのウィンドウ(下図ではパソコンFAQ)を反対の端に持っていきます。

右半分で最大化させようとしている途中

このあと、従来はもう1つのウィンドウが画面の右半分の大きさになったのですが、Windows 10 では空いているスペース(下図ではエクスプローラーのない部分)の中で最大化されます。

右半分で最大化したところ

もう1つのパワーアップ内容は、画面の左端・右端ではなく四隅に持っていくと、その位置で画面の4当分の大きさになることです。

4等分したところ

※「並べて表示」と何が違うの?と考えてはいけません。こういうやり方もできると受け止めましょう。