電源オプション

電源のポリシー マネージャは、利用中のポリシーを設定できません。

最終更新日:2007/6/3

電源のポリシー マネージャは、利用中のポリシーを設定できません

電源設定の設定を更新するには、管理者権限が必要です。

管理者権限のないユーザーアカウントで設定を更新するには、直接レジストリを編集する必要があります。
キー HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\PowerCfg の下にある DWORD値 CurrentPowerPolicy を、電源設定のドロップダウンリストに表示される項目のインデックス(0から始まる)に書き換えます。

CurrentPowerPolicy

CurrentPowerPolicy のデータが電源設定のインデックス3と一致

Index

0:自宅または会社のデスク
1:ポータブル/ラップトップ
2:プレゼンテーション
3:常にオン

ほかのユーザーアカウントでの電源設定の初期値を変える場合には、キー HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel\PowerCfg の下にある DWORD値 CurrentPowerPolicy を書き換えておきます。

セキュリティ面で問題ないのであれば、管理者権限のあるユーザーでログオンし、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Controls Folder\PowerCfg というキーのアクセス許可の設定で、Users グループにも書き込みができるアクセス権を設定するという方法もあります。


<関連URL>

  • システムに適用される電力管理ポリシーについて