Windows Vista/7 のデスクトップ

フリップ3Dでウィンドウを切り替える

最終更新日:2009/9/15

Windows Vista から搭載された機能の1つに、フリップ3Dがあります。

フリップ3D

Windows ロゴキーを押しながら Tabキーを押すと上図のような表示になり、Windows ロゴキーを押したまま Tabキーを繰り返し押すと、後ろのウィンドウが1つ手前に表示されます。Shiftキーを押しながら Tabキーを押すと、ウィンドウが逆方向に移動します。 Windows ロゴキーを放すと普通のデスクトップ表示に戻り、そのとき一番手前に表示されていたウィンドウが最前面に表示されます。

最前面に表示したいウィンドウをマウスでクリックすると、たとえそのウィンドウが後ろの方にあったとしても、普通のデスクトップ表示に戻りクリックしたウィンドウが最前面に表示されます。

Windows ロゴキーと Ctrlキーを押しながら Tabキーを押すと、Windows ロゴキーを放してもフリップ3Dの表示が保たれます。あとは、Tabキーや矢印キーでウィンドウの順番を移動させることができます。

Windows 7 で「クイック起動」を表示させる方法 で復活させたクイック起動の「ウィンドウを切り替える」アイコンをクリックすると、Windows ロゴキーと Ctrlキーを押しながら Tabキーを押したときと同じ状態になります。

クイック起動


<サイト内関連URL>

  • Windowsフリップでウィンドウを切り替える