ごみ箱

Windows Vista でごみ箱を間違って削除しないようにしたい

[Vista] 最終更新日:2007/5/19

Windows Vista のごみ箱を右クリックしたときに表示されるメニューには「削除」という項目があり、これをクリックするとデスクトップからごみ箱が消えてしまいます。個人設定でデスクトップアイコンの変更画面を表示させれば復活できるのですが、この方法がわからずに質問をする人が非常に多いです。
デスクトップにごみ箱が表示されない

削除

このページでは、「削除」というメニュー項目を、デスクトップアイコンの設定画面を表示させる項目に変えてしまう方法を紹介します。手っ取り早く設定をしたい方は、ページの一番下にレジストリの設定を変更するスクリプトファイルもありますので、そちらをご覧ください。

  1. スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
    (スタートメニューに「ファイル名を指定して実行」を表示させたい)
  2. 「regedit」と入力して [OK] をクリックします。
  3. レジストリ エディタの画面左側のツリーで下記のキーを捜します。
      HKEY_CLASSES_ROOT
        CLSID
          {645FF040-5081-101B-9F08-00AA002F954E}
  4. キー「{645FF040-5081-101B-9F08-00AA002F954E}」を右クリックし、メニューの「新規」-「キー」をクリックします。

    新規

  5. 新しく追加したキーの名前を「shell」に変更します。

    shell

  6. 追加したキー「shell」を右クリックし、メニューの「新規」-「キー」をクリックします。追加したキーの名前を、ここでは「delete」とします(実は名前は何でも可)。

    新規

  7. 追加したキー「delete」を右クリックし、メニューの「新規」-「キー」をクリックします。追加したキーの名前を「command」に変更します。
  8. 追加したキー「delete」を選択し、画面右側の“(既定)”をダブルクリックします。「文字列の編集」という小窓が表示されるので、値のデータを「アイコンの設定」に変更して [OK] をクリックします。

    アイコンの設定

  9. 追加したキー「command」を選択し、画面右側の“(既定)”をダブルクリックします。「文字列の編集」という小窓が表示されるので、値のデータを
    "C:\Windows\system32\rundll32.exe" Shell32.dll,Control_RunDLL desk.cpl,,@Web
    に変更して [OK] をクリックします。

    command

  10. ごみ箱を右クリックしたときに表示されるメニューにあった「削除」が、「アイコンの設定」に変わっていることを確認します。実際にクリックしてみて、「デスクトップアイコンの設定」という小窓が表示されることを確認します。

    アイコンの設定

この設定を行うためのレジストリの登録エントリ ファイルは vistarecyclermenu.zip です。右クリックして PC に保存して解凍後、自己責任で実行をお願いします。