IME

“つちよし”を入力する方法

最終更新日:2009/9/6

人名漢字を出力するにあたって、必ずと言ってもいいほど問題になる文字に「吉」の下が長い文字、俗に言う“つちよし”があります。 たとえば合格証書などでどうしても出力しなければならない場合、外字として作成して出力するのが一般的です。

Windows Vista で追加になった新フォント「メイリオ」を使えば、外字として作成しなくても“つちよし”を利用できます。IME パッドの文字一覧で「Unicode(追加漢字面)」-「CJK 統合漢字拡張 B」を選択し、文字コード U+20BB7 を表示させるか、またはメモ帳などで日本語入力の状態にして「20bb7」と入力し F5 キーを押します。

つちよし

しかし、フォントをメイリオ以外にすると□で表示されてしまいますし、Unicode に対応していないプログラムでは ? と表示される など、かなり限定的な使い方しかできないので注意が必要です。しかも、この文字は Unicode 文字の中でもさらに特殊な サロゲート ペア の文字なので、プログラムでこの文字を処理しているような場合、正常に動作しないことがあります。

つちよし


<サイト内関連URL>

  • サロゲート ペアについて
  • Windows Vista/7 で変換候補に表示する文字を制限する方法
  • Windows 8 で変換候補に表示する文字を制限する方法