ドライブのプロパティ

DVD RW ドライブの書き込みに関する設定を変更する

最終更新日:2016/6/25

Windows 7 以降で DVD RW ドライブのプロパティを表示させて「書き込み」タブを選択すると、次のような設定項目が表示されます。

DVD RW ドライブのプロパティ

上から 2つ目のドロップダウンリストでは、ディスクに書き込むファイルを一時的に格納するハードディスクドライブを指定します。 既定の「ローカル ディスク (C:)」のままだと、Cドライブの断片化(解消するには ディスク デフラグ を実行)を引き起こす一因となり、 大きすぎるファイルを書き込もうとしたときに一時的に利用するディスク容量が足りないということにもなりかねないので、容量の大きい外付け HDDなどに変更しておくことをお勧めします。

このドライブを変更すると、変更したドライブの直下に Windows Burn Temp Files というフォルダーが作成されます。

Windows Burn Temp Files


<サイト内関連URL>

  • CD ドライブのプロパティに「自動再生」がない
  • ISOファイルをディスクに書き込む