ファイルの表示

ファイルの詳細表示で列の幅を自動調整する

[Vista][7][8][10] 最終更新日:2016/7/9

エクスプローラでファイルを詳細表示にしていると、名前・サイズ・種類などの列が表示されます。名前が長いと途中までしか表示されず、タイトル列をダブルクリックすることで列の幅を個別に広げることができますが、次の方法ですべての列の幅を自動的に調整することができます。

Windows Vista 以降では、タイトルの列の上で右クリックし、メニューの「すべての列のサイズを自動的に変更する」をクリックします。

すべての列のサイズを自動的に変更する

なお、「列のサイズを自動的に変更する」というメニュー項目は、右クリックした場所にある列の幅だけを変更します。

この機能は、エクスプローラの右側の部分にフォーカスがある状態で、Ctrl キーを押しながらテンキーの「+」キーを押すことでも実現できます。この方法は、上図のメニュー項目がない Windows XP でも利用できます。