フォルダの表示

ログオン時に以前のフォルダ ウィンドウを表示する

[XP][Vista][7][8][10] 最終更新日:2015/9/14

Windows XP以降では、フォルダ ウィンドウを表示させたままログオフし再度ログオンしなおした際に、以前に表示させていたフォルダ ウィンドウも再表示させることができます。そのような動作をさせるためには、下記の手順で設定を変更してみましょう。

Windows 8/10 の場合

  1. スタートメニューから「エクスプローラー」をクリックします。
  2. 「表示」タブ内の右端にある「オプション」をクリックします。

    オプション

  3. 「表示」タブをクリックし、“ログオン時に以前のフォルダ ウィンドウを表示する”にチェックをつけます。
  4. [OK] をクリックします。

ログオン時に以前のフォルダ ウィンドウを表示する

Windows Vista/7 の場合

  1. スタートメニューから「コンピュータ」をクリックします。
  2. Alt キーを押してメニューバーを表示させ、[ツール] - [フォルダオプション] をクリックします。
  3. 「表示」タブをクリックし、“ログオン時に以前のフォルダーウィンドウを表示する”にチェックをつけます。
  4. [OK] をクリックします。

ログオン時に以前のフォルダーウィンドウを表示する

Windows XP の場合

  1. マイコンピュータのメニューバーで [ツール] - [フォルダオプション] をクリックします。
  2. 「表示」タブをクリックし、“ログオン時に以前のフォルダ ウィンドウを表示する”にチェックをつけます。
  3. [OK] をクリックします。

ログオン時に以前のフォルダ ウィンドウを表示する