システムのプロパティ

自動更新タブの項目をクリックできない

[XP][Vista] 最終更新日:2008/11/24

管理者権限のあるユーザーアカウントでログオンしても、自動更新のタブ内に表示される項目がすべて淡色表示になり、クリックできないというトラブルが起きることがあります。Win高速化 PC+ を利用している場合、「その他」タブの “(4) 自動更新を無効にして、手動で Windows Update を行うようにする” のチェックをはずします。

レジストリを直接操作するならば、下記の操作を行います。
  1. スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
    (スタートメニューに「ファイル名を指定して実行」を表示させたい)
  2. 「regedit」と入力して [OK] をクリックします。
  3. レジストリ エディタの画面左側のツリーで下記のキーを捜します。
      HKEY_LOCAL_MACHINE
        SOFTWARE
          Policies
            Microsoft
              Windows
                WindowsUpdate
                  AU
  4. 右側に NoAutoUpdate という名前の DWORD値がありデータが 1 になっていたら、右クリックして [削除] をクリックします。

なお、この値がセットされていると、セキュリティセンターで自動更新を有効にしようとしたときに、下図のようなエラーメッセージが表示されます。

セキュリティ センターで自動更新の設定を変更できませんでした。

上記で解決しない場合は、さらに次のレジストリ操作を行います。

  1. レジストリ エディタの画面左側のツリーで下記のキーを捜します。
      HKEY_CURRENT_USER(HKEY_LOCAL_MACHINE)
        Software
          Microsoft
            Windows
              CurrentVersion
                Policies
                  WindowsUpdate
  2. 右側に DisableWindowsUpdateAccess という名前の DWORD値がありデータが 1 になっていたら、右クリックして [削除] をクリックします。

<サイト内関連URL>

  • 自動更新タブが表示されない