Windows 7 のエクスプローラー

ファイルのソート順の変更(NoStrCmpLogical)をグループポリシーで設定する

最終更新日:2009/10/15

エクスプローラーでのファイルのソート順は、Windows 2000 では文字順でしたが、Windows XP で数値順に変わりました。

・Windows 2000:111 < 22 < 3
・Windows XP:3 < 22 < 111

Windows XP や Vista でファイルのソート順を Windows 2000 と同じ文字順に変更する方法として、レジストリ HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer の下に DWORD値 NoStrCmpLogical を作り、値のデータを 1 にするという方法がありました。

参考)
@IT:Windows TIPS -- Tips:ファイル名の表示順序を変更する
名前に数字が含まれるファイルやフォルダの並べ替え順序が Windows XP と Windows 2000 で異なる

Windows 7 では、ローカル グループ ポリシー でもこの設定をすることができるようになりました。

  1. 検索の開始ボックスに「gpedit.msc」と入力して Enter キーを押します。
  2. ローカル グループ ポリシー エディターが起動したら、画面左側のツリーで
      ユーザーの構成
        管理用テンプレート
          Windows コンポーネント
            エクスプローラー
    を選択します。
  3. 画面右側で「エクスプローラーで数値による並べ替えを無効にする」をダブルクリックします。

    エクスプローラーで数値による並べ替えを無効にする

  4. “有効”を選択して [OK] をクリックします。

    エクスプローラーで数値による並べ替えを無効にする