Windows 7 のエクスプローラー

フォルダーの共有化を解除しても鍵のアイコンが表示される

最終更新日:2009/11/9

Windows 7 でフォルダーを共有化すると、そのフォルダーの左下には鍵のアイコンが表示されます。ところが、共有化を解除しても、この鍵のアイコンが消えません。

フォルダーの共有化を解除しても鍵のアイコンが表示される

鍵がついているフォルダー鍵がついていないフォルダー
鍵がついているフォルダー鍵がついていないフォルダー
鍵がついているフォルダー鍵がついていないフォルダー

鍵のアイコンがついていない状態に戻すには、鍵のアイコンがついていないフォルダーと見比べてアクセス権の設定をし直すか、上位のフォルダーのアクセス権を引き継いで設定をし直してもよいならば、次の手順のような方法もあります。

まず、鍵がついているフォルダーのプロパティの「セキュリティ」タブにある [詳細設定] をクリックします。

鍵がついているフォルダー

「セキュリティの詳細設定」ダイアログが表示されるので、[アクセス許可の変更] をクリックします。

セキュリティの詳細設定

アクセス許可エントリの名前をすべて選択して [削除] をクリックします。

セキュリティの詳細設定

“このオブジェクトの親からの継承可能なアクセス許可を含める”にチェックをつけて [適用] をクリックします。

セキュリティの詳細設定

アクセス許可エントリに上位フォルダーのアクセス設定と同じ項目が追加されるのを確認したら、[OK] をクリックしてすべてのダイアログを閉じます。

セキュリティの詳細設定

共有化を解除したフォルダーからも、鍵のアイコンが消えました。

鍵がついていないフォルダー