最近使ったファイル / 最近使った項目

「最近使ったファイル」「最近使った項目」の中身が“(なし)”と表示される

[XP][Vista] 最終更新日:2007/11/17

最近使った項目

窓の手 を利用している場合、「ログオン(2)」タブの「ログオン時に以下の履歴を削除する」の枠内にある “最近使ったファイル” のチェックをはずします。

窓の手でこの枠内の項目にチェックをつけると、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run というキーの下に WinHandAutoClean という値ができます。 窓の手のインストールフォルダにある AUTOCLN.EXE というプログラムを PC の起動時に実行し、ファイルを削除しているようです。

Win高速化 PC+ を利用している場合、「起動・終了」タブの “(3) パソコン終了時に[最近使ったファイル]を自動的に空にして、高速起動する” のチェックをはずします。

レジストリを直接操作するなら、

  1. スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
    (スタートメニューに「ファイル名を指定して実行」を表示させたい)
  2. 「regedit」と入力して [OK] をクリックします。
  3. レジストリ エディタの画面左側のツリーで下記のキーを捜します。
      HKEY_CURRENT_USER
        Software
          Microsoft
            Windows
              CurrentVersion
                Policies
                  Explorer
  4. 右側に ClearRecentDocsOnExit または NoRecentDocsHistory という名前の DWORD値がありデータが 1 になっていたら、右クリックして [削除] をクリックします。
  5. 一度ログオフし、ログオンしなおします。