タスクバー

プログラムのジャンプ リストに表示される項目の数を変更したい

[7][8] 最終更新日:2015/10/4

Windows 7 以降のスタートメニューとタスクバーにはジャンプ リストという機能が搭載され、プログラムごとに最近使ったファイルの履歴を保存し利用することができるようになりました。従来は、「最近使った項目(ファイル)」というくくりですべてのプログラムのファイルがまとめて管理されていましたが、それがプログラムごとになったことでより利用しやすくなりました。

IE のタスクバーアイコンのジャンプ リスト Excel のタスクバーアイコンのジャンプ リスト

このジャンプ リストに表示される項目の数を変更するには、次の操作を行います。

● Windows 7

  1. スタートボタンの上で右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

    スタートメニューのプロパティ

  2. タスクバーと [スタート] メニューのプロパティで [カスタマイズ] をクリックします。

    カスタマイズ

  3. “ジャンプ リストに表示する最近使った項目の数”を変更します。上限は 60 です。

    ジャンプ リストに表示する最近使った項目の数

● Windows 8

  1. タスクバーの上で右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

    タスクバーのプロパティ

  2. 「ジャンプ リスト」をクリックし、“ジャンプ リストに表示する最近使った項目の数”を変更します。上限は 60 です。

    ジャンプ リストに表示する最近使った項目の数

ここで指定するジャンプ リストの項目の数は、スタートメニュー項目とタスクバー アイコンで共通です。


<サイト内関連URL>

  • プログラムのジャンプ リストに表示される項目の数を変更したい(スタートメニュー)