タスクバー

「アクティブでないインジケータを隠す」をクリックできない
タスクトレイにアイコンが表示されない

[XP][Vista][7][8] 最終更新日:2014/5/6

通知領域

タスクトレイ(タスクバーの右端の時計が表示される部分)にアイコンが表示されず、タスクバーのプロパティで通知領域のカスタマイズの部分が灰色になって操作できない場合、 窓の手 の「デスクトップ」タブで“タスクトレイのアイコンを隠す”のチェックをはずしてログオフ、ログオンしなおすのが簡単です。

レジストリを直接操作するなら、

  1. スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
    (スタートメニューに「ファイル名を指定して実行」を表示させたい)
  2. 「regedit」と入力して [OK] をクリックします。
  3. レジストリ エディタで下記のキーを捜します。
      HKEY_CURRENT_USER
        Software
          Microsoft
            Windows
              CurrentVersion
                Policies
                  Explorer
  4. 右側に NoTrayItemsDisplay という名前の DWORD値がありデータが 1 になっていたら、右クリックして [削除] をクリックします。
  5. 1度ログオフしてからログオンしなおします。

Windows 7/8 では、このレジストリ値がセットされていると、通知領域のカスタマイズ画面を開いたときに「一部の設定はシステム管理者によって管理されています。」と表示され、アイコンのカスタマイズをすることができません。

通知領域アイコン


<サイト内関連URL>

  • 「クイック起動を表示する」にチェックをつけても、ログオフするとチェックが外れている