コントロールパネル

Windows ファイアウォールでプログラムの実行許可を設定する

[7][8][10] 最終更新日:2015/10/12

Windows ファイアウォールとは、インターネットやネットワークから送信されるデータをチェックして、そのデータの通過をブロックしたり許可したりするプログラムです。 プログラムのブロック、あるいは許可の設定をするには、次の操作を行います。

  1. コントロールパネルで「システムとセキュリティ」をクリックします。

    システムとセキュリティ

  2. 「Windows ファイアウォールによるプログラムの許可」(Windows 8 以降では、「Windows ファイアウォールによるアプリケーションの許可」)をクリックします。

    Windows ファイアウォールによるプログラムの許可

  3. [設定の変更] をクリックします。

    設定の変更

  4. 「許可されたプログラムおよび機能」の項目がクリックできるようになるので、名前の前にあるチェックボックスを切り替えます。ホーム/社内(プライベート)のみで許可をする、パブリックで許可をするという選択をすることもできます。

    許可されたプログラム

  5. プログラムを選択して [詳細] をクリックすると、そのプログラムの説明が表示されます。

    詳細

  6. 一覧にないプログラムの設定を変更するには、[別のプログラムの許可] を選択して「プログラムの追加」ダイアログが表示されたら、プログラムを選択して [追加] をクリックします。

    別のプログラムの許可

    プログラムの追加