Windows Update

Windows Update の自動更新後、PCが自動的に再起動しないようにする方法

最終更新日:2009/9/22

Windows Update の自動更新の設定をしていると、スケジュールにしたがって Windows Update が行なわれ、適用された更新プログラムによっては自動的に再起動されます。 しかし、プログラムの実行中やバックアップの実行中に自動的に再起動されることは好ましくないため、次の手順でそれを抑制する設定をすることが可能です。

(1) レジストリで設定する方法

  1. スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
    (スタートメニューに「ファイル名を指定して実行」を表示させたい)
  2. 「regedit」と入力して [OK] をクリックします。
  3. レジストリ エディタの画面左側のツリーで下記のキーを捜します。
      HKEY_LOCAL_MACHINE
        SOFTWARE
          Policies
            Microsoft
              Windows
                WindowsUpdate
                  AU
  4. 画面右側の何もないところで右クリックし、「新規」-「DWORD値」をクリックします。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU

  5. 追加した項目の名前を NoAutoRebootWithLoggedOnUsers に変更し、ダブルクリックします。
  6. “値のデータ”を 1 にして [OK] をクリックします。

    NoAutoRebootWithLoggedOnUsers

  7. PC を再起動します。

(2) グループポリシーで設定する方法

  1. スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
    (スタートメニューに「ファイル名を指定して実行」を表示させたい)
  2. gpedit.msc と入力して [OK] をクリックします。
  3. 画面左側のツリーで、
      コンピュータの構成
        管理用テンプレート
          Windows コンポーネント
            Windows Update
    を選択します。
  4. 画面右側で
    XP「ログオンしているユーザーがいる場合はスケジュールされた自動更新のインストールに対してシステムを自動的に再起動しない」
    Vista/7「スケジュールされた自動更新のインストールで、システムを自動的に再起動しない」
    をダブルクリックします。

    ログオンしているユーザーがいる場合はスケジュールされた自動更新のインストールに対してシステムを自動的に再起動しない

    スケジュールされた自動更新のインストールで、システムを自動的に再起動しない

  5. 「有効」を選択して [OK] をクリックします。

    ログオンしているユーザーがいる場合はスケジュールされた自動更新のインストールに対してシステムを自動的に再起動しない

  6. PC を再起動します。

<関連URL>

  • 自動更新によってコンピュータが自動的に再起動されないよう設定する方法
  • <サイト内関連URL>

  • 更新プログラムをインストールしないでシャットダウンしたい