Windows Vista

Windows Vista のスクリーンセーバーのイースター エッグ

最終更新日:2008/1/6

  1. スタートボタンをクリックし、「すべてのプログラム」-「アクセサリ」-「コマンドプロンプト」をクリックします。

    コマンドプロンプト

  2. aurora.scr /p65552
    と入力して Enter キーを押します。

    p65552

  3. すると、そのスクリーンセーバーが壁紙のような状態で起動します。

    オーロラ

  4. これを終了させるには、タスクバーのスクリーンセーバーのアイコン(上図では「オーロラ」)を右クリックし、タスクバーが隠れることを確認します。その状態で、Alt キーを押しながら F4 キーを押します。
    あるいは、タスクバーの上で右クリックし、メニューの「タスクマネージャ」をクリックします。

    タスクマネージャ

  5. 「アプリケーション」タブのタスクの中から、起動しているスクリーンセーバーを選び、[タスクの終了] をクリックします。

    タスクの終了

なお、ここではオーロラのスクリーンセーバー(aurora.scr)を使った例を紹介しましたが、Vista に標準で実装されているほかのスクリーンセーバーでも、同様のことができるようです。

C:\Windows\System32フォルダのスクリーンセーバー

ほかの Web ページで、最初にコマンドプロンプトで C:\Windows\System32 フォルダに移動するようにと書かれている記事も見ますが、そのフォルダにはパスが通っているので、移動しなくても実行は可能です。